はじめまして!

 

飲食・商売ともに未経験の素人が、ある日突然生涯現役を目指したところからパニパニは始まりました。

 

会社員時代の私は事務職として働き、それなりに安定した生活をおくっていましたが、50歳になるかならないかぐらいの頃から定年以降の生活を考えるようになりました。

このままでいくと、家庭に入り家事で一日が終わる生活になるというのは目に見えています。

若い頃からずっと働いてきた身としては、そんな生活はつまらない、じゃどうすれば? そうだ、小さな商売をして生涯現役で働きたい!

思い立ったが吉日、何の当てもなく長年勤めた会社を51歳で退職しました。

 

さー、これから何をしようかと模索していたところ、偶々見たNHKの「今日の料理」でスコーンと出会い閃きました。

世の中には美味しいケーキもパンもたくさんあるがスコーン専門店はない。それにスコーンといえばパサパサ、モソモソとして不味いイメージがある。この不味さを改善すれば、素人の私でも隙間産業に入れるかも? 

その後、派遣社員として働きながらコツコツと試作に取り組んだ結果、表面はサクッ、中はふんわりしっとり、正に目指す新食感のスコーンが完成しました。その間約3年の月日が流れていました。

 

2012年6月オリジナルレシピだけを頼りに、勝田台(千葉県八千代市)の古びたアパートの一室で工房開設、これがScone Kitchen パニパニ (のちにパニパニに屋号変更) の始まりです。

お金がないのでHPもパンフレットもショップカードも全部手作り、商品となるスコーンはプレーン、黒糖、雪塩、シークワーサのたった4種類のみという寂しいスタートでした。

メインはネット通販、土曜日のみ工房販売デーを開き直接販売をしました。

すると、一年を待たずして従来のスコーンのイメージを覆す美味しさと評判を呼び、次第に口コミで広がるという嬉しい現象が起きました。

がしかし、スコーンは一人で作っているのが現状、一日に作れる数には限界があります。

一時は通販・工房受け取り2か月待ちという時期もありました。

 

時は経ち私も59才となった2015年、ドア to ドア一時間の通勤が体力的にきつくなってきました。

自宅近辺でカフェを併設した店舗物件を探していたところ、知人の紹介で今の物件と巡り合いました。

築140年の古民家と言えば聞こえは良いですが、床は沈み、一部はシロアリに食われ、天井や窓は壊れるがままに放置されており、庭や物置小屋に限らず、屋敷のいたるところ長年の生活用品で溢れかえって、実態はごみ屋敷のような酷い状況でした。

こんなところがカフェになるのかと迷いもありましたが、夫の強力な勧めもあり改装工事を決心。

2016年7月17日にScone Cafeパニパニが開店いたしました。

ここに至るまでには夫は勿論のこと、大家さんやご近所の皆さま、友人や周りの皆さまのご協力やお支えがあったなればこそです。この場をお借りして御礼を申し上げます。

 

さて、4種類からスタートしたスコーンは今では数えきれないほどのラインナップとなりましたが、相変わらず一つ一つ手作りしているため一日に作れる数に限りがあります。

日によっては早めに完売御礼となることも多々あり、皆さまにはご迷惑をおかけいたしております。

この他にも生き届かない面があるかと思いますが、温かい気持ちでお見守りいただければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

店主 川満 由美子


店名のパニパニとは

故郷宮古島の方言で「元気ハツラツ」という意味です。この店名には

  1. おばあちゃんになっても元気で働きたい 、ちなみに生涯現役が目標です。
  2. パニパニのスコーンを食べた方が、パニパニと明るく楽しい人生をおくっていただきたい。  

この二つの意味が込められています。

自分の職場作りで一人で小さくはじめた商売ですが、将来的には自分の故郷である沖縄に戻り、おばあちゃん達が楽しく生き生きと働ける職場作りができたらと密かに考えており夢は大きいです。(笑) 

どうぞ、よろしくお願いいたします。